妊活サプリのマカナとプレミン。どちらがおすすめ?比較しました

マカナとプレミンを徹底比較

日々の食生活をしっかりしているつもりでも意外と不足しがちなのが体の基礎となる栄養ですね。

妊活の最初の一歩。それが栄養を整える事。

栄養サプリ、妊活サプリ、葉酸サプリ、呼び名はいろいろありますがとにかく人気のプレミンとマカナ。

どちらの方が良いものなのか、決めかねている人も少なくないはず。

マカナ、プレミンどちらの方がよいものなのか、どういった人におすすめなのか見ていきましょう。

マカナ、プレミンの違いを比較しました

妊活サプリ、名前の通り妊娠に向けて栄養を補給サプリのマカナとプレミン。

では、妊娠に必要な栄養というのは一体どんなものなんでしょうか?

実は、厚生労働省が妊娠中や授乳中に必要な栄養の推奨量を公表しています。

妊娠中というのは妊娠した瞬間から必要な栄養です。特に妊活中から葉酸を飲んでおきたいのは毎日の食生活で自分だけの分では補えているけど、赤ちゃんを授かった時から不足しがちになってしまうからです。

葉酸が不足していると神経管閉鎖障害のリスクが高まることから、妊活中からとっておくのが大切なんですね。

また、他の栄養に関しても同じです。病院にいって妊娠が分かった時点ではお腹に赤ちゃんがいるわけですから前々から準備をしておくのがベストなんですね。

マカナとプレミンの葉酸、ビタミン、ミネラルを比較します

先に結論を書いちゃいますが、マカナもプレミンも推奨されている栄養量を含む非常に優れたサプリです。

まずは、ベースとなる葉酸、ビタミン、ミネラルを比較してみましょう。

妊娠前期(推奨量) マカナ プレミン
葉酸 400μg 400μg 400μg
ビタミンB1 0.2mg 2.9mg 1.3mg
ビタミンB2 0.3mg 1.8mg 1.5mg
ナイアシン  – 12.5mg 3.5mg
ビタミンB6 0.2mg 2.5mg 1.4mg
ビタミンB12 0.4μg 24.1μg 2.8μg
パントテン酸  – 16.0mg 2mg
ビオチン 48.5μg 50μg
ビタミンC 10mg 124.2mg 45mg
カルシウム 400mg
マグネシウム 40mg  – 100mg
2.5mg 8.7mg 5mg
亜鉛 2mg 5.3mg 3mg
0.1mg  –  –

マカナもプレミンも推奨されている栄養をほぼ含んでいますね。数値の違いはありますが、推奨量以上は含んでいるので大きな差とは言えないでしょう。

銅だけは取りすぎると良くないのでサプリに含まれていませんね。

葉酸、ビタミン、ミネラルといった大切な栄養に違いがなければどこに差があるのでしょうか?

決定的な違いがその他の栄養種類の量です。

マカナとプレミンの他の栄養の違い

マカナとプレミンの大きな違い、それがその他の栄養です。

マカナはマカ、DHA/EPA、GABA、α-リボ酸、還元型コエンザイムQ10と妊活サプリに多く利用される栄養が含まれます。

というより全部入りの妊活サプリです。

例えばマカは豊富なミネラルやアミノ酸を含み乱れがちな女性のホルモンのバランスを整え妊娠しやすい体つくりに働いてくれます。

他にも還元型コエンザイムQ10は、卵子の老化を防ぎ、卵巣を活発にしてくれる働きを持ちます。

このようにしっかりと体の中を整える栄養を摂取することで妊娠しやすい体から見直していくのが目的なんですね。

一方、プレミンは他の栄養を一切含みません。プレミンの思想は必要な栄養以外は不要なものと考えているようです。

足りない栄養の不足を補う訳ですから、日々の食生活をきちんととっていれば不要という訳ですね。

このように二つを比較して、同じように見える妊活サプリでも考え方や含まれている栄養は全く違うものになるんですね。

マカナとプレミンの価格の違い

マカナとプレミンには栄養の量と種類の違いがある。それをどこまで重要とするかで、どちらと選ぶか変わってきます。

しかし、サプリメントは続けることが大切なので価格も重要な選ぶ要素ですよね。

栄養量が同じで価格も同じであれば、多く含まれる方分かりやすいのですが量と値段が比例する形になっていますね。

マカナ プレミン
定期初回価格 3,980円 3,580円
2回目以降 5,980円
定期縛り 無し 無し

初回価格はややマカナが高いものの大きな差はありませんね。

しかし、定期2回目以降の価格が大きく開きます。その差は月に2,400円。かなり開きがありますね。

月あたりの金額だと1日あたりに換算してみましょう。

マカナ プレミン
1日あたり 199円 119円

1日あたり、マカナが約199円。プレミンが119円。

ここで重要なのは価格よりも、例えば199円と119円でこの栄養を食事から摂取することができるかどうかです。

普通に考えれば、どちらの価格でもこの栄養を取るのはほとんど不可能でしょう。

1日の成分をみてみてマカ、コエンザイムQ10などを約80円でカバーするのは無理じゃないかと思います。

つまりコストパフォーマンスで言えばマカナの方が優れていると言っても良いでしょう。

マカナとプレミン、夫婦で飲むにはどっちが良い?

妊活は女性だけではありませんよね。夫婦一緒に妊活を始めるものです。

男性の栄養もしっかり補給するために妊活サプリを一緒に始める夫婦も少なくありません。

では、男性の妊活に向けて栄養を見ていきましょう。

マカナは、女性向けも男性向けも同じサプリメントになります。男性に重要な亜鉛を含みしっかりサポートしてくれます。

一方プレミンはプレミンMENとして男性向けに作られています。ただし、プレミンとプレインMENのセットでしか購入できません。

プレミンMENは男性必要な栄養に絞って作られているので、女性向けのプレミンとは全く違う成分になります。

マカナ プレミン プレミン
葉酸 400μg 400μg
ビタミンB1 2.9mg 1.3mg
ビタミンB2 1.8mg 1.5mg
ナイアシン 12.5mg 3.5mg
ビタミンB6 2.5mg 1.4mg
ビタミンB12 24.1μg 2.8μg
パントテン酸 16.0mg 2mg
ビオチン 48.5μg 50μg
ビタミンC 124.2m 45mg
カルシウム 400mg 200mg
マグネシウム 100mg 80mg
8.7mg 5mg 7.5mg
亜鉛 5.3mg 3mg 10mg
マンガン 4mg
セレン 25μg
マカ 50mg

マカナの一つのサプリを毎月2袋、夫婦で使う楽というメリットがあります。

しかしプレミンMENの様に女性に向けての栄養、男性に向けての栄養と分けて摂取できる方が効率的ですよね。

特に男性の妊活で多く飲まれるのが亜鉛の存在。最も多く含まれるのがプレミンMENです。

また、価格も気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました